まだまだ知らないことが多い高性能住宅とは?知っていると役立つ高性能住宅の雑学を紹介

当サイトでは高性能住宅に関する情報を紹介しています。
これから建築することを検討しているなら、まずは一度目を通してみることで良い結果につながる可能性が高いです。
換気システムの重要性や室温の変化の少なさなどを理解してから建築を検討することで、家をより良くすることができるといいます。
特に設備などに関しても理解してから建てることで、納得できる形で生涯の買い物となる家を快適な性能を持つ物に仕上げられるようになるからです。

まだまだ知らないことが多い高性能住宅とは?知っていると役立つ高性能住宅の雑学を紹介

高性能住宅の場合、換気システムと断熱材の使用により家の中の温度の変化を少なくすることができます。
しかしそれだけではなく、外壁の塗料なども参考にすることで、家の中の温度変化に影響を及ぼすことが可能です。
屋根・外壁両方で紫外線を避ける物を使うと、より温度変化を少なくできます。
各メーカーごとの塗料に関して雑学を理解しておくことで、快適な高性能住宅を作ることができるため、参考にすることが良い家づくりに必要です。

高性能住宅での生活は快適なのでストレスフリー

高性能住宅で生活すると、快適性の高さから文字通りストレスフリーになるのではないでしょうか。
高性能住宅の特徴といえばやはり、室温が外気温の影響を受けにくく、真夏の暑さも真冬の冷え込みもエアコン1つで快適性が保てることにあります。
断熱性と密度が高いので、熱移動が起こりにくく隙間風も入りにくいわけです。
つまり、高性能住宅はエアコンをつけて短時間で快適な温度に到達しますし、電源を切っても温度変化が緩やかなので経済性に優れます。
エアコンの稼働時間が短いということは、発生する騒音も小さくなるので、静けさもストレスフリーの理由の1にあてはまります。
高性能住宅での生活は、例えばトイレに向かう際に急な冷えを感じたり、部屋ごとに温度差があって体調が悪くなるといった不快感とは無縁です。
住宅全体が高断熱高気密の壁で囲まれているので、高齢者にリスクが高いヒートショックも避けられます。
どこにいても快適で暑さによるイライラや寒さによる不快感とおさらばできる、それこそがまさに最大の魅力だといえるのではないでしょうか。

断熱性や気密性の高さは高性能住宅に欠かせない

優れた断熱性や気密性は、高性能住宅においてその条件に欠かすことはできないのではないでしょうか。
高性能住宅とはそもそも省エネ性能が優れていたり、少ないエネルギー消費で快適な生活ができる家を意味します。
断熱性と気密性はまさに省エネ性を左右する大きな要素なので、この2つを軽視したり無視することは不可能です。
両方の条件を満たす高性能住宅は、室内の温度の変化が小さく、冷暖房器具の使用が最小限に抑えられます。
それはつまり外気温が室内に伝わりにくく、隙間風も通りにくいことの裏返しです。
気密性はその高さ故に機械を使って換気をしないと空気の入れ替えが起こりませんが、24時間換気システムと組み合わせれば問題なしです。
高性能住宅は部屋と部屋の温度差も小さいので、夜中トイレに行ったり玄関に裸足で向かっても冬に寒さを感じにくいです。
夏は夏で壁に触れても暑くありませんし、光が差し込む窓際も直射日光の暑さを感じずに済むのではないでしょうか。

過ごしやすい古民家は高性能住宅と名乗ることも可能

快適に過ごせる自信がある古民家であれば、高性能住宅を名乗って利用してもらうことができるのではないでしょうか。
そもそもただ単に高性能住宅というだけでは、何らかの認定基準を満たしているかどうかに関係ないので、名乗るだけなら自由です。
高性能住宅はこれといった明確な基準があるわけではないので、特別高性能でないとしても、実際に過ごしやすければ設計の古い古民家でもそう名乗ることができます。
認定基準のクリアを謳うにはその根拠が必要になりますが、認定の名前を出さなければ何を指しているかは分からないので、高性能住宅と名乗っても問題ないです。
勿論、過ごしやすくないのにそう表現するのは駄目なので、嘘になる表現は用いないことが大前提です。
トラブルを招きたくないのであれば、具体的にどういった理由で快適なのか、例を挙げることをおすすめします。
真夏なのに外気温と比べて室温が5℃も低い、冷暖房の効きが良くて冬もあたたいという表現なら、特に問題に問題にはならないのではないでしょうか。

施工方法にこだわった高性能住宅は耐震性が高い

住宅といっても設計や施工によって仕上がるものは様々ですが、施工方法にこだわった高性能住宅は、耐震性が高い傾向にあるといえるのではないでしょうか。
優れた耐震性の実現には地盤調査も重要ですが、多少地盤が弱くても補強してしっかりと固めたり、その上に安定した土台を造って建てられる高性能住宅はやはりひと味違います。
地震大国の日本においては、いかにして様々な揺れに対応できるかが高性能住宅に問われます。
この為、各社共に優れた技術を取り入れて性能を高めたり、万が一の際にも人命や家財を守れるようにしているわけです。
例えば、揺れが発生しても震度よりも小さい、揺れに気がついても家具が倒れたり転倒する恐れがないなどが、高性能住宅の指標の1つになります。
実際には様々な基準があって、その基準を満たしているかどうかで決まりますから、本当に安心できる家が欲しいのであれば、確かな基準を採用してクリアしている家を選ぶべきではないでしょうか。

高性能住宅に関する情報サイト
高性能住宅に関する情報サイト

当サイトでは高性能住宅に関する情報を紹介しています。これから建築することを検討しているなら、まずは一度目を通してみることで良い結果につながる可能性が高いです。換気システムの重要性や室温の変化の少なさなどを理解してから建築を検討することで、家をより良くすることができるといいます。特に設備などに関しても理解してから建てることで、納得できる形で生涯の買い物となる家を快適な性能を持つ物に仕上げられるようになるからです。

Search